Jのゲームブログ

私がそのときプレイしているゲームについて記事を書いてます。

↓↓↓現在メインでプレイしているゲーム↓↓↓

  • genshin
  • バナー02です
  • FF7REBIRTH

【原神】セノの戦い方と育成について

はじめまして、Jです。

ver3.1でセノが追加されましたね!セノを取るかどうか悩んでる、何を装備させるか悩んでいる方の助けになれば幸いです。※ここに書くのは私なりの結論です。

 

■セノの戦い方

まずは、どう育てるかを考えるためにどう戦うかを説明します。

◇元素爆発を使用して戦う

セノは元素爆発を使用し、元素爆発中に通常攻撃と元素スキルを使いながら戦うキャラです。通常時は元素スキルだけ使用し、元素エネルギーを回復させましょう。

◇元素爆発中はタイミングよく元素スキルを使いながら戦う

 元素爆発中は元素スキルと通常攻撃を適当に出せばいいわけではありません。元素爆発中の特徴を把握して戦う必要があります。以下が元素爆発中の特徴です。

 ・一定間隔(約3.5秒)で「末路真眼」状態になる

 この目の様な模様が浮かび上がってきたタイミングで元素スキルを使うと元素スキルの攻撃に追加ダメージが発生します。

 ・元素スキルのクールタイムが3.0秒になる(通常時は7.5秒)

  →「末路真眼」状態で元素スキルを使用するためにこのクールタイムになっているはずです。

 ・すべての攻撃が雷属性となり、元素熟知と中断耐性が上昇、感電無効

 ・元素爆発中の通常攻撃と、「末路真眼」状態で元素スキルを使用したときに発生する追加ダメージの一部(渡荒の雷という3つの雷)が元素熟知を参照してダメージUP

 

 細かいことはいいから、つまりどう戦えばいいのか。と言うと以下の流れで戦えばいいわけです。

  ①元素爆発を使用する

  ②元素スキルを使う

  ③3.5秒くらい通常攻撃する

  ④末路真眼状態になるので元素スキルを使う

  ⑤また3.5秒くらい通常攻撃する

  ⑥元素爆発が切れるまで④と⑤を繰り返す

  ⑦元素爆発が切れたら元素スキルを使って元素エネルギーを溜める

 これがセノの戦い方となります。よくわからないという方は、お試しが来ているのでこの戦い方で戦ってみてください。

 

・セノと一緒に戦うキャラについて

ここまでセノ単体のお話をしていました。誰と組ませてもこの戦い方自体は変化しないと思います。次はセノと一緒にチームを組むキャラの選び方を説明します。

考えるべきは、セノの火力を底上げすること、セノを守ることです。これは、バフやデバフ、元素反応、シールド、回復が絡んできます。

 

バフは雷元素のダメージ量を上げるか、攻撃力を上げるか、元素熟知を上げるかの選択肢があります。バフ自体は様々なキャラでおこなえます。楓原万葉、アルベドスクロース、ベネット、完凸トーマなどいろいろ居ますので、ご自身の中で育っているキャラを使用しましょう。

 

デバフは敵の雷耐性を下げることになります。わかりやすいところで言うと翠緑の影4セットを装備した風キャラです。楓原万葉やスクロースなどがバフ役も兼任できるため適任な気がします。鍾離もデバフシールドを張れるのでいいと思いますし、雷属性の耐性を下げられるキャラも何体かいるはずです。

 

元素反応は好みのものを選べばいいと思いますが、おすすめはver3.0から追加された草元素との激化反応になります。これでダメージが跳ね上がります。よって草キャラのコレイや草主人公は元素爆発が長く場に残るため適任だと思います。ティナリは微妙…(´・ω・) 行秋の元素爆発も長く残り感電を起こせるのでいいと思いますし、トーマの元素爆発もシールド兼元素付与による過負荷が狙えるのでいいと思います。(完凸してれば攻撃力も上がる)

※どのキャラも元素爆発に必要な元素エネルギーが多めなのでそこをカバーする必要が出てきますが…

 

セノを扱う場合、ほぼセノを操作することになり元素爆発中は他キャラに切り替えることがありません。そう考えると、継続回復やシールドを張れるキャラと相性がいいとなります。回復キャラを入れたい時は継続回復ができるキャラか注意しましょう。

 

個人的にはムーンピアサーを付けて元素チャージを重視した完凸トーマがいいサポートキャラになるんだと思います(私は無凸なのでだめですが・・・)。シールドとバフ2種類に元素付与もあっていいこと尽くしです。

■セノの育成について

◇天賦

 優先度は 元素爆発>元素スキル>通常攻撃 で良いと思います。試せなかったのですが、元素爆発中の攻撃は全て元素爆発の天賦が影響しているはずです。(間違ってたらすいません。)。通常時の通常攻撃はほぼ使用しないと思っていいです。

 

◇武器

 オススメは当然モチーフ武器の赤砂の杖だと思います(持っていないがかみ合っているのはよくわかるため)。槍でいい武器を持っていないという方は鍛造武器の星鎌・試作や喜多院十文字やムーンピアサーも良いと思います。セノに必要なのは攻撃力と元素熟知と元素チャージ効率なので、これらの鍛造武器は何かしらを手助けすることが出来ます。

 

 仮に、これらの鍛造武器の中でどの武器を選ぶかを考える場合、あなたがセノに求める部分で変わってきます。必要元素エネルギーが80なので元素エネルギーが溜まりにくいことをカバーするために元素チャージ効率や元素エネルギーの回復効果を取るか、そこはある程度諦めて一撃一撃の火力を取るかを選ぶ必要があります。ちなみに私は、元素エネルギーの回復を優先したいのと、いつまでも倉庫でくすぶっているのが不憫だったため物干し・・天空の脊を使うことにしました。

 

 なお、私の環境で、死闘の槍(完凸)・ムーンピアサー(無凸で武器効果発揮状態)・天空の脊(無凸)でセノ単体の元素爆発中の火力を確認しましたが、一撃一撃のダメージについてはそこまで大きな差は出ませんでした。※もちろん最も会心が出る死闘の槍が一番総合火力が高いです。

 

◇聖遺物

 合っていると思うのは剣闘士・雷のような怒り・金メッキの3つです。私が金メッキを持っていないので剣闘士と雷のような怒りでいろいろと検証しました。

 

 検証した結果、私のオススメは「雷のような怒り」です。理由は以下の2つです。

 1.元素反応を利用して戦えば元素スキルをかなり打つことが出来る

 2.元素スキルをたくさん使用できるので元素エネルギーが溜まりやすい

 元素スキルを使ったときに反応が起こせればクールタイムが2秒となり、0.8秒経ったときにまた反応が起きれば残りのクールタイムが0.2秒となるのでだいたい2秒程度短縮できます。(あくまで理想の流れです)。これの何がいいかというと、「末路真眼」状態になる合間に一回元素スキルを出せることです(もちろんタイミング調整が難しくなりますが・・)。通常攻撃よりも元素スキルの方がダメージは高いですし、元素スキルを使えば元素粒子も生み出せるのでいいことばかりです。

 

 剣闘士は通常攻撃のダメージが大きいのが魅力ですが、雷のような怒りを装備して元素スキルを多く使えればその差はカバーできると思ったので、私は雷のような怒りの方が元素粒子生成量が多くなる点で優れているなという結論になりました。これは金メッキにも同じことがいえると思います。(金メッキがすごいいいダメージが出せるとなると悩ましいところですが…)

 

 最後に時計・杯・冠のメインオプションについてです。

 時計は攻撃です。元素熟知である必要はありませんでした。これは激化反応を加味しても、加味しなくても同じことが言えます。

 杯は雷元素ダメージしかためしていませんが、試す必要もないと思っています。

 冠は会心系となります。

 

以上がセノに関するお話でした。何かしら参考になっていれば嬉しいです。

それでは、さよなら〜