Jのゲームブログ

私がそのときプレイしているゲームについて記事を書いてます。

↓↓↓現在メインでプレイしているゲーム↓↓↓

  • genshin
  • バナー02です
  • FF7REBIRTH

【原神】Ver3.2_虚空の鼓動、熾盛の劫火_魔人任務完_カーヴェも出てくるよ!属性も判明!

どうもJです。

今回はVer3.2の魔人任務を終えた感想が主です。多少のネタバレがあるのであらかじめご了承ください。

今回はアアル村から始まります。キャンディスさんから気を付けてねって心配してもらい、みんなで作戦会議。今回のナヒーダ救出作戦について話を詰めます。どんな作戦かは物語を進めながら明かされていきます。

 

作戦を順調に進め、セノ、ディシア、ティナリ、アルハイゼン、ニィロウが与えられた役割をしっかりとこなし、無事にナヒーダを救出。そのままナヒーダと一緒に神になろうとしているスカラマシュを止めに行きます。ここまですんなり行き過ぎてちょっと不安でしたが、まだ大丈夫そうでちょっと安心。アルハイゼンが賢者たちより一枚も2枚も上手でした。さすがアルハイゼン・・・文武両道の男は強いぜ・・。

 

そしていよいよスカラマシュとご対面!なんか敵名はスカラマシュではなかったですが相変わらず読み方が全く分からない!(笑)。読ませる気ないでしょと思えるお名前でした!

この上半身と戦うのが第一回戦で、下半身もくっついて戦うのが第二回戦です。

イベント上、一回負けそうになりナヒーダがつかまります。そこでナヒーダが突然、

「あなたが私から神の心を取ろうとしたのが、これで何回目かわかる?」

このセリフで一瞬で察しましたよ。華神誕祭の繰り返しをここでやっているんだと。鳥肌たちましたわぁ・・神化スカラマシュを作成するためにやられていたことを、神化スカラマシュを破壊するためにやるってのがいいですよね!!

ちなみに、どうやら168回ほどスカラマシュに挑んでいたようです。そしてそのまま第二形態との戦闘が再開し、無事に撃破!将軍の神の心も取り返すことに成功します。

やはりスカラマシュは神の心を没収されましたね。じゃなきゃ風属性にならないよね・・・知ってたよ・・・。でもナヒーダ曰く神になってはいるようなことでした。運営から風属性で来ることがネタバレされてなければここでも驚いていたんだろうなぁ・・・

その後、将軍の神の心を使ってマハールッカデヴァータに会いに行くと、「・・・ですよね」という真実を知り、無事に禁忌の汚染が消滅します。悲しいお話でした・・・。

ナヒーダも救い、スカラマシュを倒し、禁忌の汚染も止め、一件落着な雰囲気が出ます。

でも、そんなわけないじゃないですか。

 

神の心がスメールに2つもあって、それをファデュイがあきらめるなんてありえない。とか思ってたら案の定出てきましたよ・・・・博士が・・・

相手が神とはいえ下に見ていることがよくわかる(笑)。

一応、この人がスメールを離れたことを確認して今回の作戦を決行したはずなんですけどね。ただ、全部お見通しだよという雰囲気がスメールを出ていく時からあったので心配していたら案の定再登場。ここで判明した事実が、

・博士は年齢の違う自分を複数体作っている(その声でクローン作ると別の人に見えてくるよ)

・博士はこの状態のナヒーダより強い(さすが第三位というべきか)

 

結局、取引により雷と草の心を博士に渡してしまいます。代わりに博士の分体は全て破壊され、とても重要な情報をナヒーダに提供しました。無理やり奪われるくらいなら情報が手に入っただけいいと思うべきなんでしょうかね。

 

これで博士もスメールから出ていき、本当に一件落着となります。

この後は宴会をして、恒例の神様質問タイムを終えて魔人任務完了となります。兄弟についてまた新しい情報が手に入りますので、ぜひ確認してみてください。

ちなみに、先日声優さんが発表されたカーヴェさん。まだまだ先の登場かと思っていましたがちゃっかり出てきます。そしてちゃっかり属性も教えてくれました。

そう、なんですよ。これでティナリ・アルハイゼン・カーヴェ・白朮と、草元素の男キャラが4名はいることが判明しました。これからアルハイゼンも白朮も出てくると思うので草元素が増えるのが楽しみです!

 

そしてここからが反省なのですが・・・ストーリーが進んでいる地域の伝説任務は終わらせておくのをお勧めします(もしくは開放しない)。魔人任務の途中で何回も横道にそれてしまい大変でした・・・・。っていうかティナリの伝説任務の方が泣けた・・・。

 

今回は以上となります!

スカラマシュは週ボスになるので今週から素材を集められるよう、さっさとクリアすることをお勧めします。

あと、関係ないけどティナリの伝説任務は良い話なので、泣ける環境でやることをお勧めします。

それでは、さよなら~~