Jのゲームブログ

私がそのときプレイしているゲームについて記事を書いてます。

↓↓↓現在メインでプレイしているゲーム↓↓↓

  • genshin
  • バナー02です
  • FF7REBIRTH

【原神】【初心者向け】深境螺旋って何?

 

 

はじめまして、Jです。

今回は旅人がいずれ挑むことになる深境螺旋についての記事です。

深境螺旋とは何なのか、どこにあるのかなどの基本的な内容になります。

 

 

 

深境螺旋って何?

いわゆるエンドコンテンツに該当すると思います。育成もある程度済んだ旅人や、今の自分がどれだけ戦えるのかを試したい旅人、報酬が欲しい旅人等いろんな旅人が挑戦しています。イメージ的にはチャレンジダンジョンみたいなものです。上の画像がその深境螺旋と呼ばれている物で、近づいてボタンを押すと挑戦することが出来ます。

深境螺旋はどこにあるの?どうやって行くの?

まずどこにあるかという話ですが、モンドのマスク礁にあります。誓いの岬の東側です。

行き方は「誓いの岬から飛んでいく。」・・・わけではありません。誓いの岬の先端付近にワープホールがあってそこに飛び込むとたどり着くことが出来ます。

ここの仙霊を集めると風域が生成され、上にあるワープホールに飛び込むことができるようになります(たしかそうだったはず。。。)

飛び込むと、、

急に異次元に飛び込む感じになりますが、この演出の後マスク礁に到着します。

深境螺旋って難しいの?

最後まで満点でクリアする。となると結構難しいです。なぜ難しいかというと、

・いくつかステージがあってだんだんと敵が強くなる

・戦闘終了時に結果を評価するシステムがある

この2点が理由です。

評価システムの評価基準は敵の強さが変わっても変わりません。よって進むにつれて高評価を手に入れづらくなります(勝手に螺旋の評価が知らない人たちに晒されることはないので安心してください)

深境螺旋の最初はこの深境回廊に挑むことになります。1から順に8までのステージがあり、すべてをクリアすると、次の段階へ進むことが出来ます(紫色のやつ)それなりにキャラの育成が進んでいて、自分なりの立ち回りが出来るようになっていれば深境回廊はそこまで難しくないと思います。

深境回廊をすべてクリアすると、次は淵月螺旋に挑戦できるようになります。ネットでよく目にする深境螺旋の話はおそらくほぼこの淵月螺旋のことです。こちらはかなり育成が進んでいないと完全クリアは難しいです。

各層の仕組みについて説明します。

まずは、挑む素層を選びその層に挑むメンバーを決めます。メンバーはその層に挑んでいる間は変更できません。メンバーを変えたい場合はまたその層の最初から挑むことになります。なお、一度手に入れた評価が下がることはありません。例えば一度最高評価を貰った後、別メンバーで挑み最低評価となったとして、その層の評価は最高評価のままとなります。

 

各層では3回(途中から2チームになるので6回)戦います。このとき、戦闘終了時の残り時間か、防衛したオブジェクトの耐久値の値に応じて、0,1,2,3の4段階の評価を受けます(0,1,2,3の評価を3回もらうので最高9点になります)。数字が大きいほど評価が高くなりますが、条件も厳しくなります。特に後半は2チームで戦うことになるのですが、条件が変更されないので厳しくなります。

 

深境螺旋ってやったほうがいいの?

やったほうがいいです。デメリットはたった一つ「自分の弱さに絶望する可能性がある」ということだけです。メリットは、クリア報酬・自分の力量の把握・楽しいなどですね。特に淵月螺旋のクリア報酬は半月に一回リセットされ、最高で原石600個分+モラが手に入ります。これを逃すのはもったいないというのが正直な感想です。

 

 

 

以上、深境螺旋の簡単な概要でした。

まだ行っていない方は是非一度挑んでみてください。特にペナルティはありませんので気軽に挑めますよ。

それでは、さよんなら~~~