Jのゲームブログ

私がそのときプレイしているゲームについて記事を書いてます。

↓↓↓現在メインでプレイしているゲーム↓↓↓

genshin starrail FF7REBIRTH

【原神】鍾離復刻!お勧めの武器・聖遺物を性能と合わせて紹介。HPどれくらいにすればいいか問題も解説。

 

 

 

どうも、Jです。

鍾離を引こうか悩んでいる方には引いた方がいいのかどうか、

引こうと思っている方にはどの聖遺物や武器がオススメなのかを中心にご紹介したいと思います。

また、HPってどれくらいあればいいのだろうなどといった疑問にもヒントを提供できると思います。

あくまで個人的見解ですが、少しでもガチャを引く際の参考になれば幸いです。

 

目次

 

 

 

鍾離を引こうか悩んでいる方

鍾離の主なメリットは以下だと考えています

・シールドが硬い

・シールド展開中は周囲の敵の全耐性が-20%される

・元素爆発で敵を石化できる

 

まずはシールドの硬さに着目してみましょう。

代用の候補でよく言われるのがレイラときららですのでこの3人で値を比較します。

この2人はシールドを張っている時間と元素スキルのクールタイムが同じ、あるいはシールドを張っている時間の方が長いという特徴も一緒です。

正直、硬さはステータスにもよるのですが仮にHPを25000とし、

各キャラのシールドが特定の属性に対して更に強度が上がることも含めて考えます。

 

天賦レベル9、HP25000の場合のシールドの硬さ

鍾離:7956(全属性に対して耐久が150%となるので実質約12000)

レイラ:6714(氷属性に対してのみ耐久が250%となるので約16750)

きらら:6207(草元素に対してのみ耐久が250%となるので約15500)

※考え方を間違えていたらコメントで教えてください。

 

結構差があるように感じるのは私だけですかね・・・?

レイラときららは特定の属性にのみ鍾離以上の硬さとなりますが、

それ以外は鍾離の方が倍程度の硬さになります。

鍾離ほどの硬さのシールドが欲しいと思ったら引きましょう。

 

次は敵の耐性20%ダウンです

単純にこちらが与えるダメージが伸びます。地味に便利です。

この効果と上で説明したシールドの硬さが合わさり魅力的に感じる気がします。

デバフがかかると敵の周りに下向きの矢印が出ます。(わかりにくい・・・)

 

最後に石化です。

元素爆発を当てた時、敵を3秒から4秒石化させて動きを止めることが出来ます。

個人的にはやはり敵の動きを止められるというのは楽だなと感じます。

ただし、凍結と同様に石化できない敵もいますので注意してください。

 

以上が鍾離の特徴です。

つづいて、引くべきかを判断しやすくなるようにパターンを分けてみました。

 

自信をもって引くべきと言えるパターン

これは結構限られていると思っていて、「岩パをやりたい方」です。

私は実際に「鍾離・アルベド・一斗・ゴロー」の岩パを使っています。

ゴローの効果を考慮すると岩キャラは3人でいいのですが、やはりシールドがあると安定しますし、全耐性20%ダウンは結構大きいなと実感しています。

下の画像はゴローバフ有りで、

鍾離のシールドデバフがある場合と無い場合のダメージの差になります。

 

引いてもいいと言えるパターン

ここが難しいところだと思います(大抵の方はココに該当すると思っています)が、以下のパターンに当てはまる方は引いていいと思います。

 

・魔人任務などで敵に苦戦している

・シールドの属性のバリエーションが少ない

 

苦戦というのは敵にやられるという意味です。

例えば以下の様なボスキャラに苦戦している方はかなり楽になると思います。

 

もう一つ考慮していただきたいのはシールドの属性のバリエーションです。

例えば、凍結など氷が絡むパーティにシールドキャラが欲しいなら氷元素の追撃が出来るレイラが、草元素が絡むパーティなら草元素共鳴+シールドを兼任できるきららが適しているケースもあります。

※もしも凍結パーティに鍾離を入れると・・・↓

逆に、○○のパーティならレイラの氷追撃があるシールドが邪魔な場合や、

きららが本当にシールドのためだけにしかパーティに入っておらずあまり役に立ててないと感じる場合もあるはずです。

そのような場合、シールドが硬いしデバフもある鍾離を使おう!となると思います。

 

このような観点で見ればシールドキャラの属性によって得手不得手のパーティがあるのが分かると思います。様々なパーティに適したシールドキャラを持っているということは悪いことではありません。現状岩でシールドキャラと胸を張って言えるのは鍾離くらいです(ノエルはクールタイムが長すぎる、ウンキンはバフがメインと考えてます)

 

引かなくていいパターン

以下に当てはまる方はスルーしてもいいと考えています

・全部あるいは極力敵の攻撃を避けれる方

・現状苦戦もしておらず深境螺旋に挑むつもりもない方

・すでに深境螺旋12層で星9が取れている方

上記に当てはまる方にとっては石化と耐性20%下げるためだけに鍾離を手に入れる必要はないと思っています。

 

 

 

鍾離を引いた後のことで悩んでいる方

無事に引けた方、おめでとうございます!

これから狙う方、お祈りしています!

 

鍾離を引いた後は武器と聖遺物を考える必要が出てきます。

これは鍾離をどのように扱いたいかをまず決めるのが大事です。

おそらく、以下のパターンのどれかの使い方をするつもりだと思います。

(当てはまらなかったら申し訳ありません)

尚、武器については星5を考えていませんのでご了承ください。

 

 ①とにかくシールドを硬くしたい

 ②それなりに硬いシールド+αが欲しい

 ③メインアタッカーとして物理で戦う

 

それぞれについて説明します。

①とにかくシールドを硬くしたい

この場合はHPを高くすることを考えればいいです。

聖遺物は花海2セットと千岩2セットにしてHPを上げます。

メインステータスもすべてHP、

サブステータスは元素チャージがあればラッキーくらいのため編成難易度は低いです。

武器はHPを上げられる星3の黒纓槍(スライム槍)を持たせます。

チームに定期回復が出来るヒーラーも入れるつもりならばフォンテーヌの鍛造武器である正義の報酬もアリです。(カチカチなのでヒーラーは不要だと思いますが・・)

 

②それなりに硬いシールド+αが欲しい

最初からこのパターンを作るのもいいですし、

①の組み合わせで試してみたけどシールドが硬すぎると感じた人もこちらのパターンを試してみるといいと思います。

 

このパターンでは、まず鍾離に求める+αを考えます。
これはおそらく以下のどちらかに当てはまるはずです。
・鍾離の元素スキルや元素爆発の火力を上げたい
・チームメンバーにバフを配りたい

 

これらの+αを叶えるために有効な主な聖遺物のセット効果は以下です。

・悠久2セット:岩元素ダメージ+15%

・旧貴族2セット:元素爆発ダメージ+20%

・絶縁4セット:元素爆発のダメージが元素チャージ効率を参照して上がる

・旧貴族4セット:全員の攻撃力が20%上がる

・千岩4セット:攻撃力+20%、シールド強度+30%、攻撃力+20%

・教官4セット:元素熟知+120

 

上記の中から組み合わせて考えると以下のようなパターンがあります。

■鍾離のことだけを考えた場合

悠久2セット旧貴族2セット(岩元素ダメージと元素爆発の火力UP)

→鍾離の火力重視。元素スキルのダメージも上げられる

 

絶縁4セット(元素チャージを持って元素爆発の火力を上げる)

→元素爆発に特化(チャージ効率がそもそもそんなにいらないので少し微妙な印象)

 

■チーム全体のことも考えた場合

旧貴族4セット(元素爆発のダメージUPと全員の攻撃力UP)

→鍾離の元素爆発を強化しつつ味方を含めた強化もできる

 

仙岩4セット(HP上昇によるダメージUP・シールド強化と全員の攻撃力UP)

→鍾離の強化をしつつ味方を含めた強化もできる。

※4セット効果の維持が少し難しいので作る前に、一度試すのをお勧めします。

 

尚、このパターンの聖遺物は基本的に以下のステータスをベースとして考えます。

聖遺物メインステータス:時計・HP% 杯・岩属性 冠・会心系

サブステータスは会心系・攻撃力・HP%・元素チャージ効率

そして鍾離のHPをどれくらいにするかは各プレイヤーの匙加減次第となります。

私は岩元素共鳴を一緒に使用するため30000程度あれば十分だと感じていますが、

そんなにいらないという方は時計を攻撃にしてもっと火力を上げましょう。

※仙岩4セットでシールドを強化することを前提に時計を攻撃力にするのもアリです。

 

武器は聖遺物を作って試運転をしてから考えるのをお勧めします。

例えば、以下のどれかで強化している物を持たせて使ってみたり、

未強化だけど持っている物があればそれを試しに強化すればいいと思います。

火力を重視するか、元素チャージ効率を重視するかは自分で判断しましょう。

火力重視

 黒岩・斬波・千岩等、持っている中で一番攻撃力が高い物

元素チャージ重視

 西風・喜多院等

 

③メインアタッカーとして物理で戦う

こちらは正直、破天の槍を使うつもりがないなら作らなくていいと思います。

(流月の針でもいいですが、実戦で使うかとなると怪しい・・(笑))

聖遺物は剣闘士4や蒼白4、血染め蒼白にしましょう。

メインステータスは時計が攻撃、杯が物理ダメージ(攻撃%)、冠は会心系。

サブステータスは会心系、攻撃力、HP%。

物理型鍾離については下の記事でも少し紹介していますのでよろしければご覧ください。

j-gameblog.com

 

 

よく見かける疑問や注意点

・HPってどれくらいが適しているのという方

これは、最終的にはプレイヤーの匙加減によりますが、

考えるまえにやってほしいことが一つだけあります。

それは天賦を9まで上げることです。

9まで上げてから具体的なHP量を調べないと後で調べなおしの可能性が出てきます。

 

肝心のHPの適量ですが、HPは大半が聖遺物によって決まります。

よって適したHPは聖遺物を付け替えて戦って確認する必要があります。

上でも説明しましたが、鍾離は時計・杯・冠をHPにしたカチカチ鍾離、時計だけHPにしたシールド+αの鍾離があります。

カチカチ鍾離のHPはだいたい50000以上で、

シールド+αの鍾離は30000前後のHPになります。

カチカチ鍾離を使っている方はシールド+αの鍾離を作成し、戦ってみてください。

(セット効果はとりあえず無視していいので杯と冠のメインステータスをHP以外にしてください。)

おそらくこれでシールドが割れる方と割れない方が出てきます。

割れることが多い方は、サブオプションや聖遺物のセット効果、武器効果を使いシールドを硬くしてみましょう。それで割られなくなればそのあたりのHPやセット効果の組み合わせがあなたに適したシールドの硬さとなります。

割れない方は時計のメインステータスも攻撃に変えてもいいかもしれません。

これは本当にプレイヤーによります。なぜなら回避行動をしっかり行っていればたまにしかダメージを受けないためシールドが割られることはめったにないというケースや、避けるのが苦手でほとんど全部食らってしまうような方もいるからです。よって、友達がこれくらいにしているから自分もそうしよう。配信者がこれくらいだから自分もそうしようというのはあまりお勧めできません。

 

・聖遺物は仙岩4セットにするつもりの方

効果としては適していますので仙岩4セットを装備させるのは問題ありません。

ただ、注意してほしいのは以下の点です。

・他に仙岩4セットを使っているキャラがパーティにいると効果がない

・無凸の場合は柱が一本しか出せないので元素スキルのダメージを当てにくい

・大型の敵に柱が壊されること、動きの激しい敵には攻撃をあてにくい欠点がある

上記の注意点を理解したうえで、問題なくセット効果を発動できる!という方は仙岩4セットでOKです。

※私はセット効果の発動が安定しない可能性があるというのが苦手なので旧貴族にしています。

 

・武器を西風槍にするつもりの方

たまに誤解している方がいるのですが、会心時に元素粒子を生む効果は鍾離で戦っているときに会心が発生しないとダメです。控えに居ても攻撃してくれる元素スキルで会心を出したとしても、その時に鍾離以外のキャラで戦っていると武器効果は発動しませんので気を付けてください。

 

 

以上となります。

なにかしら参考になっていれば幸いです。

それでは、さよんなら~~~