Jのゲームブログ

私がそのときプレイしているゲームについて記事を書いてます。

↓↓↓現在メインでプレイしているゲーム↓↓↓

  • genshin
  • バナー02です
  • FF7REBIRTH

【原神】小技_淑女(シニョーラ)との戦い方

はじめまして、Jです。

※この記事は稲妻の話です。ネタバレが嫌という方はUターンしてください。

今回はシニョーラとの戦い方のささいな小技、というか私が実践しているちょっと楽になる戦い方をご紹介します(本当に些細な小技です)。モンドでウェンティから大事なものを奪ったシニョーラさん。まさか稲妻で戦えるとは・・・と全旅人が思ったのではないだろうか。と勝手に思っています。

小技は第一形態と第二形態の両方で一つずつあります。

まずは第一形態。

一定以上ダメージを与えると、この氷塊の中に閉じこもりますよね。この氷塊にダメージを与えるには属性攻撃をするか、周囲に表れる炎の蝶をゲットしてから攻撃するしかありません。この炎の蝶をゲットした後の攻撃は何でもいいので弓でも効果が発揮されます。更に鍾離の元素スキルのような置き型定期ダメージ系のダメージにもちゃんと反映されます。なので、シニョーラの周りに置き型定期ダメージ(フィッシュルとか、鍾離とかいろいろ)を置いて、あとは暖をとりながら炎の蝶を拾っているだけで氷塊状態を突破することが出来ます。

 ↑ 鍾離の元素スキルダメージに溶解反応が追加されているのが分かる

 

次は第二形態。

HPが減ると一定時間炎の竜巻状態になってダメージを入れられないという嫌な攻撃を持っているのが辛い・・なるべくその状態になる前に倒したいやつです。私はいつも岩パで挑んでいるんですが、先生の柱とかは攻撃を受けると簡単に壊されてしまいます。そこで私がいつもやっているのが、シニョーラの後ろにアルベドや先生のオブジェクトを置くことです。シニョーラは基本前方に攻撃します(特に序盤)ので、後ろに置いたオブジェクトはしばらく生き残ることが出来ます。この小技を使い始めてからは炎の竜巻をやる前に倒せるようになりました。敵の攻撃範囲をよく観察しようっていう話なのかもしれません。

  こうやってシニョーラの後ろ側に配置しておくと壊されにくい。特に最初は一気にHPを削ると後方に下がるが、そこもアルベドの華の効果範囲なので一回置いておくとずっと効果を発揮できて最高だと思っている。